採点精度の重要性

いうまでもない、採点精度の重要性

人生がかかっていることもある

マークシートといえば、教育現場や就活現場、くじなどでの採用を思い起こさせます。実際に活用されている主なシーンというのはこのようなところになるでしょう。公務員試験、大学入試センター試験をはじめとする入学試験、運転免許などの資格試験、採用試験での適性検査、公営競技の投票券、数字選択式の宝くじやスポーツ振興くじ、電子投票、アンケート時などです。これらの使用目的というのは、印刷された楕円や囲み枠が並んでいる中で選んだ位置を濃い筆記具で塗りつぶして、主に選択式問題を答える用紙として使用するのであり、塗りつぶされた箇所は、機器で読み取ってからコンピューターで集計されるというもの。マークシートの特性は、主に多数の受験者を抱え、限られた時間内に迅速な集計を求められる場合に活用されており、採点には、1つの誤差もあっては許されない正確さが要求されるのです。 人生がかかっていることもあるわけですから、採点精度がいかに重要であるかということはいうまでもないでしょう。

OMR(マークシート読み取り装置)が必須

マークシートでは、塗りつぶされた箇所を機器で読み取ることが重要になってくるわけですが、ミスのない、確実な集計を実現させるためには、専用機のOMR(マークシート読み取り装置)が必須となります。なぜスキャナや複合機ではなく、OMRなのかというと、スキャナや複合機は手書き文字や写真をデータ化することが最適とされる機器であり、マークの読み取り精度では限界があるということなのです。しかも、マークシート専用用紙ではなく、普通紙を使用すると、その精度にはますます問題が出てくるということになるでしょう。スキャナや複合機の読み取り精度に問題を感じる点は次のようなことからです。①普通紙の印刷時のごみをマークと認識してしまう、②消し残しをマークと認識してしまう、③マークシートが正しくスキャニングされないとデータ化されない部分があり、認識されないなどになります。