心の病はスピリチュアルで解決

「苦しい時の神頼み」は効果的?!

心に直接アプローチ

スピリチュアルな方法による癒しは、肉体的な不調も和らげてくれますが、特に効果が高いのが精神的な不調に関するものです。心と体はつながっていますから、心が癒されることによって身体も癒され、身体が癒されることで心も癒されます。

病院で薬を処方されたり、手術をしたりすることは、はっきりとした体の症状としてあらわれている不調には効果的です。薬によって痛みが消えることで、イライラしていた心も穏やかになる…というようなこともあるでしょう。病院などでの処方は、身体へのアプローチが得意なのです。

一方、はっきりとした体の症状がない「なんとなくイライラする」「理由はないけれど悲しい」「不安で仕方がない」といった心の問題の場合は、心の奥底に直接アプローチするスピリチュアルな方法が効果的です。

心の病とパワースポット

幸い現代の日本にはさまざまなスピリチュアル講座があります。口コミなどで評判の良いスピリチュアル講座を利用するのも良いでしょう。

よくわからないスピリチュアル講座をいきなり利用するのは不安という人は、まずは身近な神社やお寺、教会などを訪れてみて祈りを捧げてみましょう。「苦しい時の神頼み」という言葉がありますが、案外これが心の病に効果を発揮することが多いです。ご利益があると評判の有名な神社などを参拝するのも良いですが、自分に縁があるという意味で地元の神社(やお寺、教会)をお参りするのが一番です。

また、見知らぬ土地でも「なんとなく心が惹かれる」と感じるような寺社仏閣があれば、そこを訪れてみるのもオススメです。お参りをしてみて、どこかほっとする、心がスッキリすると感じるなら、そこはあなたにとって何らかの縁のあるスポットかもしれません。ことあるごとにお参りをして、負のエネルギーを浄化し、良いエネルギーへと昇華させましょう。

寺社仏閣でなくとも、なんとなく心が惹かれる場所があるという人は、そこを自分のパワースポットにしてしまうのがオススメです。ただし、機械に囲まれていたり雑多な人が行き交うような場所、汚い場所などは負のエネルギーが大きいですから避けましょう。

Back To Top