スピードへのこだわり

スピードへのこだわりは絶対的

現代社会においては、なくてはならない処理

マークシートのメリットの一つに、「大量の処理数が早く正確にできる」ことがあります。とにかく数が多い処理については、人手が足りません。また、人ではミスが起きやすくなります。スピードが要求される現場では特にヒューマンエラーが起きやすいことは目に見えているでしょう。教育ソフトウェアのマークシートを活用すれば、次のような正確なスピード処理が可能で、教育ソフトウェアがこだわっていることでもあります。「集計ソフトへの正解・配点情報登録とOMR(マークシート読み取り装置)だけで、迅速な自動採点処理が可能」、「集計は電算処理され、時間の無駄がない」、「ソフトウェア機能の働きで、設問別の分析が自動的にデータ化でき、作業効率のスピードアップ」、「記述式より断然早いフィードバックが可能」などです。事務処理的な業務が人手では比較できないほどに早く終わり、事務系職員の残業が減ったり、採点結果を知らせる場合などは、学習意欲の向上につながったり、多忙を極める現代社会においては、なくてはならない処理をもたらしてくれるのが、マークシートのスピード性でしょう。

効率的であり、安心もでき、楽さが全然違う

安いし、便利だし、これで十分だと思い、スキャナや普通紙でのマークシート活用をされていたお客様が結局、活用に失敗し、教育ソフトウェアのマークシートでのOMR運用を導入されるケースが増えている現状があります。安く上がって便利だと思ったスキャナや普通紙でのマークシート活用は、機器の誤読が出てしまい、毎回のチェック作業で大幅なタイムロスを生み、疲労感も絶えないことや、最終的な信頼性に対する不安や疑問も持たざるを得なくなってしまいます。それなら目先の金額よりOMR導入のほうが効率的にも、安心できる点においても、楽になることに気づいた結果でしょう。コスト面でも、使用頻度を考えれば結果としてダウンにつながり、メリットのほうが大きいとご理解いただけたからに他なりません。