不思議なことはすべてスピリチュアル?

スピリチュアルの本当の意味

テレビや雑誌などでもよく耳に(目に)する「スピリチュアル」という単語。なんとなくわかったつもりで使っているけれど、実際はどのようなものなんだろう?と疑問に思ったりしませんか。

現在私たちのまわりでよく使われるスピリチュアルという単語には、たくさんの意味がふくまれています。不思議なこと、神秘的なこと、不気味なこと、怪しいこと、ラッキーなこと…理屈では説明できないことがらの多くが「スピリチュアル」という単語でくくられているのです。

では、本来のスピリチュアルとはどのような意味なのでしょう。実はスピリチュアルにはもともと3つの意味があります。

まず一つは、ゴスペル音楽などの黒人霊歌のこと。映画『天使にラブソングを』などで知られる、宗教歌です。
そしてもう一つは、霊的な世界を認める価値観やライフスタイルのこと。霊的な世界というと、ちょっとオカルト的ですが、神様や仏様に祈りを捧げる行為も、スピリチュアルの一部です。
さらに三つめは、心霊写真やポルターガイストのような心霊現象=スピリチュアリズム全般のこと。

現代の日本で使われる「スピリチュアル」の意味は、2つ目の「霊的な世界を認めるライフスタイル」と、3つ目の「心霊現象」とがごちゃごちゃになったものと考えられます。

スピリチュアルとの付き合い方

では、このようにたくさんの意味を内包している日本の「スピリチュアル」ですが、私たちはスピリチュアルについてどのようにつきあっていけばよいのでしょうか?

最近、巷にはオーラヒーリング霊視などスピリチュアルな内容を含むスピリチュアル講座が受けられるところが増えています。このようなサービスは、心や身体の悩みを解決するために使われます。実際、力のあるヒーラーによるスピリチュアル講座では、どんな病院やカウンセラーにかかっても解決できなかった問題が、解決できた!というケースもあるようです。

しかし、その一方で単なる金儲けのためにスピリチュアル講座を開く、悪質な人間もいます。ですから、私たちがスピリチュアルとうまくつきあうためには、まずは自分のできる範囲内でスピリチュアルな事柄について気付き、取り入れていくのがよいでしょう。

Back To Top